読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てしながら好きなこと

子育てしながらでも好きなことをしたい!DIYやボタニカルアート、趣味をたのしみながら、育児を楽しむためのブログです。日々のあれこれを綴っていきますので、お付き合いください。

37w5d妊婦健診

38週間近になり、2900グラムを超えてきました。

子宮口もいい感じに2センチ程開いてきて、いよいよ出産が近付いてまいりました。

今日は、健診で、退院以来初めてお外に出ました。

タクシーで行くつもりでしたが、予約が取れなかったり、タクシー会社の対応がずさんでめげてしまい、めんどくさくなってバスで行きました。

日本交通の陣痛タクシーと、日の丸交通の子育てタクシーに事前登録しましたが、日の丸交通には車が手配できないと断られ、日本交通は、予約してお迎えありだと、運賃プラス800円かかると言われて、何だかもったいなく感じてきたのです。

私はケチなのです。

 

日の丸交通のネット予約ってどうなっているのでしょう。

事前登録しましたが、登録した住所がいくら待っても表示されません。

時間がかかり過ぎで、めんどくさくなって、電話で予約にしましたが、事前登録した携帯番号で架けても、全然認識されておらず、子育てタクシー乗務員希望でないなら別番号に架け直せと言われ、その別番号は混み合ってるとかで繋がらず、仕方がないので、ネット予約の住所を一から入力し直して、ようやく予約出来たかと思いきや、車が手配できないとの返信メールが来て、結局予約出来ませんでした。

こんなんで、いざ陣痛の時に、きちんと対応してもらえるのでしょうか?

こうのとりコースとやらも、一般乗務員と子育てタクシー乗務員と2パターンあることも、ややこしくてわかりづらいです。

私は、ただ、陣痛のいざという時に、乗車場所、下車場所を説明せずとも運んで欲しいだけなのです。

 

バスだと産院まで結構歩くので、不安でしたが、なんとか行って来られました。

健診前に、NSTで赤ちゃんの心拍とお腹の張りをチェックしていたら、凄まじい叫び声が聞こえてきました。

ジェットコースター乗っているみたいな?でも、それよりかなり苦痛そうな。

その凄まじい叫びを聞いていたら、かなりナーバスになり、お産が怖くなってきました。

あんな声、生まれてから一度も出したことない。びびりました。

私は、初産は無痛分娩でしたので、経産婦といえども、半端な経験しかありません。

周りのママ友たちは、2人目の出産は、産道ができてるから、全然へっちゃらだよーと話していたので、かなり期待しているのですが、あの雄叫びを目の当たりにすると、本当に?とびびってしまいます。

ですが、自然なお産も経験しておいた方がいいと先生も言っていたし、自然な陣痛は誘発するより耐えられるとか。

お産はメンタルが大事なので、ナーバスになってはいけないと言い聞かせています。産んでやるぞ〜という強い気持ちで臨みましょう。

と、言いつつやっぱりびびっています。

今年の夏休みは、娘2人連れてプール行きたいなーとか考えて、のん気に水着を探していた私は、急に現実に引き戻され、これから乗り越える試練を思うのでありました。